保育士ってどうしたらなれるの?

保育士の資格の取得方法について

保育士になりたい人は、保育士の資格を取得することが必要です。
資格取得には2種類あり、男女問わず同じです。

 

1.保育士を養成する学校・施設を卒業する
・厚生労働大臣の指定する学校・施設で一定の科目を修得すれば、卒業と同時に保育士資格が与えられます。
・学校・施設には、保育士養成施設、保育過程をもつ専修学校、短大、大学があります。
 大学の通信教育で保育士資格を取得することもできます。

 

2.保育士試験に合格する
・上記のような学校・施設を卒業しないで保育士資格を取得したい人は、保育士試験を受けて合格することが必要です。

 

まずは、この2つの条件を満たす必要があるようです。
学校・施設を卒業して保育士資格を取得する人が多いと思いますが、保育士試験を受けて合格する人もいるのですね。
どのような科目があるのでしょうか。
受験準備として、保育士試験のための参考書が市販されていますので、そちらを参考にしたり、保育士試験を受けようとする者のために受験講習会などが開かれる都道府県もありますので、各担当課へ問い合わせてみるといいですね。
保育士になりたいなら⇒保育士になるには【最短で保育士資格取得するために】

受験資格

1.学校教育法による大学を2年以上在学して62単位以上取得した者、もしくは高等専門学校を卒業した者、その他その者に準ずる者として厚生労働大臣が定めた者。
2.学校教育法による高等学校を卒業した者もしくは通常の過程による12年の学校教育を修了した者。また、文部科学大臣においてこれを同等以上の資格を有すると認定した者で、児童福祉施設において、2年以上児童の保護に従事した者
3.児童福祉施設において、5年以上児童の保護に従事した者
4.前各号に揚げる者のほか、厚生労働大臣の定める基準に従い、都道府県知事において適当な資格を有すると認定した者
※平成3年度より、受験資格を原則として短期大学卒業程度に引き上げられました。ただし、経過措置として、それ以前に受験資格を有する者は平成3年以降も受験することができます。また、特例として、平成8年3月31日までに学校教育法による高等学校の保育科を卒業したした者も、保育士の試験を受験できます。

試験の実施

都道府県において、毎年少なくても1回、保育士試験を行うことになっています。
試験科目や受験手続きなどは厚生労働大臣が決定しますが、試験日・試験問題は都道府県ごとに異なりますが、毎年、3月中旬または8月中旬に、4日間程度行われています。
それぞれの都道府県の保育士試験担当課に問い合わせてください。

試験科目

試験科目は、8科目で各90分、10題です。
@社会福祉
A児童福祉
B発達心理学および精神保健
C小児保健
D小児栄養
E保健原理
F教育原理および養護原理
G保育実習

受験科目の一部免除

8科目のうち、一部の科目だけ合格した場合、その合格した科目は翌年、翌々年は受験が免除されます。
異なる都道府県で行われた保育士試験であっても、その合格した科目は受験が免除されます。
つまり、3年間で8科目に合格すれば、保育士の資格は取得することができます。
他に、厚生労働大臣の指定する学校などで指定科目を専修した場合も、その科目は免除されます。
受験科目の一部免除を受ける場合には、一部科目合格証明書、または保育士試験免除指定科目専修証明書の写しを添えて、保育士試験受験科目免除願いを提出するこが必要です。

受験の手続き

受験希望者は、都道府県の担当課へ書類を提出します。
@保育士試験受験申請書
A住民票の写し
B受験資格証明書
C写真

試験問題

筆記試験は、客観的に採点可能なものと、文章による解答を求めるものが組み合わせられています。
時事問題なども出題されます。保育実習の試験は、音楽・絵画制作・言語・一般保育から3分野が選ばれ、受験者は、2分野を選んで受験します。
試験問題は、都道府県で作成されますので。それぞれ異なります。