保育士ってどうしたらなれるの?

保育士の仕事の変化

保育士の仕事は、社会の変化とともに、その仕事や役割が多様化してきています。
保育士のイメージは、子どもと楽しそうに遊ぶ若い先生だと思います。
子どもの発達をサポートして、自立できる生活力を身に付けさせていくことが大事な仕事の1つです。
しかし、以前に比べて子どもをとりまく家族や地域の環境が変わっている中で、保育士は子育て支援の拠点としての役割も求められてきています。